広大な関東平野に位置する首都圏の土地

首都圏の土地は、広大な関東平野の中心にあることが特徴的です。
比較的に地盤が強固な台地は、縄文時代から現代まで住宅地として好まれてきました。
南関東の台地としては、武蔵野台地や下総台地などが代表的です。
高級住宅街があることで有名な田園調布は、武蔵野台地の丘の上に造成された住宅地です。
横浜の山手地区の土地は下末吉台地と呼ばれ、近代化の時代には外国人向けの住宅地や墓地も形成されたことで有名です。
首都圏の関東平野は本来は広大なはずですが、人口増加とともに手狭になってきたのが最近の事情です。
限られた土地を有効活用するために、海沿いにある東京や横浜などの街では、マンションの高層化が進みました。
最近では、200メートル級の超高層マンションも竣工するようにもなりました。
首都圏では江戸時代の昔から海岸部の埋め立てを行って、土地を広げる努力も行われてきました。
建物の高層化と海岸の埋め立ての相乗的な効果もあって、世界的にも有数の人口密集地となっています。

田舎の土地で注意するポイント

田舎の土地で注意するポイント

土地の値段は地域によって様々です。
都市部程高額な傾向にあり、銀座辺りの土地の値段は一般人には手が出せない金額で有名です。
逆に都市部を離れると大きく異なってきます。
田舎での土地を利用する際の注意点を二点挙げてみます。
まず一点目としては、売り時の見極めです。
今後日本の人口は減少が予想されています。
その結果今後価値が下がるエリアが多くなる事が考えられます。
売却を考える際には、現段階での価値を把握し売り時を考える事が大事です。
また田舎では売却には複数の業者を挟むことが多いので、手数料も考慮する必要があります。
二点目としては、購入する際の費用についてです。
一般的な土地と違いそのままでは整備をしないと家が建てられない事もあります。
その際には、工事費やリフォーム代が追加となります。
場合によっては購入費用とリフォーム費用が同等の場合もあります。
以上の二点をしっかりと意識する事で、田舎の特徴をしっかりと把握する事が出来ます。